個性を考える

  • 2011.08.30 Tuesday
  • 09:25
先日がまぐちオンがまぐちをお買い上げいただいたお客様から、
柄のとりかたにこだわりがあるとお褒めの言葉をいただきました。
大きいがまぐちと小さいがまぐちを共布にする場合
それぞれに配置する柄行に気を使います。
共布なので見た目は自然に見えるだけに、
細かいところに気づいていただけることがうれしい。
そんなお声をかけていただき思ったことが、
作り手のこだわりを発見することは
手づくり市の醍醐味の一つなのかも。ということ。

布物やアクセサリー、手描きTシャツなどなど
同じテーマを扱っていても、作り手の個性が濃密に表現されている。
同じものはひとつとないと思います。

話は変わって、以前盲導犬の集まりに参加したときの話。
ゴールデンリトリバーをこんな数で見ることはそうそうない。
その数に驚いていたところ、ふと「個性」に気づいた。
ゴールデンリトリバーは短毛で色は名前の通り金色で、
顔はとっても愛らしい。でもよく見ると、1匹1匹なんか違う。
1匹は目が離れ気味だったり、また1匹は面長だったり、
また落ち着いてふせして寝ているものや、
あちらこちらときょろきょろしているもの
見た目も性格もそれぞれが違い、その違いに驚きました。
当たり前といえば当たり前なんですが、
でもいかに自分がある枠組みにはまっているか、
それに気づかされたときでもありました。

よく子どもが野菜を食べていると
「子どもなのに偉い」という人がいるけれど
子どもだって味覚があって、その味覚もそれぞれ。
だから「子どもイコール野菜嫌い」という構図は
間違っていると思う。

先日の政党内の選挙結果で、街の人のインタビューに
「誰がやっても同じ」という声が数多く取り上げられていた。
国の顔がころころ変わるのが原因とはいえ、
この「誰がやっても同じ」というセリフ自体にもううんざりと思う。
もういい加減、背中を向けずに、国民先導で前向きになり
「奇跡」は求めず、「期待」をするのではなく、
「期待をするという行為」をしてもいい時期なんじゃないかと、
「個性」を考えていたときにふと思いました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

出店予定

毎月第一土曜日梅小路手づくり市(梅小路公園)
毎月15日百万遍さんの手づくり市(知恩寺・東山今出川東入)
毎月第4日曜日上賀茂手づくり市(上賀茂神社)

お問い合わせ

info★kusamuranonaka.com
★を@に変更してください

ホームページ

クサムラノナカのホームページ
最新の作品リストはこちらinstagram

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM